シロカおうちシェフPROとおうちシェフの違いを比較!使い方も紹介!

キッチン家電

シロカおうちシェフPROとおうちシェフの違いを比較します。

合わせて使い方も紹介します。

シロカは、2021年9月24日に、電気圧力鍋の新商品、おうちシェフPROとおうちシェフを発売します。

予約受付中です。

  • おうちシェフ PRO MタイプSP-2DM251
  • おうちシェフ PRO PタイプSP-2DP251
  • おうちシェフ FタイプSP-2DF231

があります。

おうちシェフPRO MタイプとおうちシェフPRO Pタイプとおうちシェフ Fタイプの違いを比較します。

おうちシェフPRO MタイプとおうちシェフPRO Pタイプの違いはカラーの違いのみです。

おうちシェフPROは、より幅広い調理ができるフラッグシップモデル

おうちシェフは、よく使う機能を厳選したエントリーモデル

になっています。

詳しい違いは本文にてお伝えします。

\予約受付中/
▼おうちシェフPRO▼

\予約受付中/
▼おうちシェフ▼

SP-2DM251とSP-2DP251の違いを比較!おうちシェフPRO MタイプとおうちシェフPRO Pタイプ

おうちシェフPROは、

  • おうちシェフPRO MタイプSP-2DM251
  • おうちシェフPRO PタイプSP-2DP251

があります。

おうちシェフPRO MタイプSP-2DM251とおうちシェフPRO PタイプSP-2DP251の違いはカラーの違いのみです。

機能や性能に違いはありません

おうちシェフPRO MタイプSP-2DM251のカラー

MタイプSP-2DM251は量販店モデルで、

ホワイト

ブラウン

の2色展開です。

おうちシェフPRO PタイプSP-2DP251のカラー

PタイプSP-2DP251は通販モデルで、

グレー1色のみです。

おうちシェフPRO(MタイプPタイプ)とおうちシェフ Fタイプの違いを比較

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)とおうちシェフ Fタイプの違いを比較します。

もっとも大きな違いは、【スマートプレッシャー技術】の有無です。

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)には、【スマートプレッシャー技術】があります。

おうちシェフ Fタイプには、【スマートプレッシャー技術】がありません。

スマートプレッシャーとは?

①高圧力②圧力を一定にキープする制御③自動減圧機能の3つの技術を組み合わせた機能です。

一般的な圧力鍋や、おうちシェフ Fタイプ使用最高圧力70kPaゲージ圧ですが、おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)は、使用最高圧力95kPaゲージ圧と高い圧力になっています。

使用最高圧力が大きいおうちシェフPROのほうが、より多くの調理法が可能になり、より味がしみ込みやすく、柔らかく調理できます。

  • おうちシェフPROは、より幅広い調理ができるフラッグシップモデルで1台10役
  • おうちシェフは、よく使う機能を厳選したエントリーモデルで1台7役

になっています。

その他に、

  • 自動メニュー数の違い
  • レシピブックのメニュー数の違い
  • 自動減圧機能の有無
  • かしこい予約プログラムの有無
  • ディスプレイとデザインの違い

です。

大きさとサイズも微妙に違います。

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

▼おうちシェフPRO▼

▼おうちシェフ▼

SP-2DM251とSP-2DP251の違いを比較!おうちシェフPRO Mタイ

おうちシェフ PROは1台10役、おうちシェフは1台7役。

おうちシェフ PROは1台10役おうちシェフは1台7役の調理法ができます。
おうちシェフ PROのみ、蒸し料理、低温調理、温度調理があります

電気圧力鍋のユーザーさんから“炒め(下ごしらえ)メニュー”の要望が多く寄せられたシロカ

おうちシェフPROとおうちシェフ Fタイプ両方に“炒め(下ごしらえ)メニュー”があります。

肉を炒めたあと、そのままカレーやシチューを煮込むことが出来ます。

おうちシェフPRO
(Mタイプ Pタイプ)
おうちシェフ
Fタイプ
圧力調理
無水調理
蒸し調理
炊飯
スロー調理
温めなおし
低温調理
炒め(下ごしらえ)
発酵
温度調理
圧力調理
無水調理
炊飯
スロー調理
温めなおし
炒め(下ごしらえ)
発酵

おうちシェフ PROのみ、蒸し料理、低温調理、温度調理があるので、自動メニュー数やレシピブックのメニュー数も多くなっています。

自動メニュー数の違い

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)の自動メニュー数→83

おうちシェフ Fタイプの自動メニュー数→20

になっています。

材料をセットした後、ボタンを押すだけで調理できる自動メニュー数は、多いほどいいね

レシピブックのメニュー数の違い

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)のレシピブック→83メニュー

おうちシェフ Fタイプのレシピブック→63メニュー

になっています。

自動減圧機能の有無

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)のみ自動減圧機能があります。

自動減圧機能のメリットは?

自動減圧機能は、加圧を終えると自動で減圧を開始します。
従来の自然減圧と比べてトータルの調理時間が大幅に短縮されるため時短でき、急ぎたいときも手早く料理が完成します。

かしこい予約プログラムの有無

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)のみ、かしこい予約プログラムがあります。

かしこい予約プログラムとは?

外出前に食材を仕込んでセットすれば、帰宅後すぐアツアツできたてを食卓に。
しかも最初に加熱し、菌が繁殖しにくい約75℃で保温するから、食材が傷みやすい時季の長時間予約も衛生的。
さらに、設定時間から逆算して仕上げ調理に取りかかり、味をしみ込ませてから完成と、おいしさも一切妥協しません。

今までのシロカの電気圧力鍋も予約機能がありましたが、「時刻にあわせて調理する」というシンプルな機能で、白米や玄米の炊飯機能にしか利用できませんでした。

かしこい予約プログラムがあるおうちシェフPROなら、肉や魚といった痛みやすい食材も、最大12時間前に調理予約しておけます。

ディスプレイとデザインの違い

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)のディスプレイとデザイン

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)は、ひと目で表示を確認できる大きく見やすいLEDディスプレイです。

排気弁にカバーを付けています。

自動減圧する時に、強制排気時に熱いスチームが勢いよく飛び出てくるのを防ぎます。
このカバーがあることで、安全性が高くなるメリットがあります。

おうちシェフ Fタイプのディスプレイとデザイン

おうちシェフ Fタイプのディスプレイとデザインは、シンプルで見やすいです。

\予約受付中/
▼おうちシェフPRO▼

\予約受付中/
▼おうちシェフ▼

シロカおうちシェフPROとおうちシェフの使い方

シロカおうちシェフPROとおうちシェフの使い方は簡単です。

電気圧力鍋はマイコン制御だから、素材を入れたらスイッチを押すだけです。

たった3ステップでシェフのような本格料理が完成します。

①下ごしらえ

②食材を入れる

③スイッチを押す

\予約受付中/
▼おうちシェフPRO▼

\予約受付中/
▼おうちシェフ▼

SP-2DM251/SP-2DP251とSP-2DF231どっちがおすすめ?おうちシェフPROとおうちシェフ

おうちシェフPROとおうちシェフ、どっちがいいのでしょうか?

おうちシェフPROSP-2DM251/SP-2DP251とおうちシェフSP-2DF231がおすすめな人をまとめました。

おうちシェフPROSP-2DM251/SP-2DP251がおすすめな人

  • 毎日の料理をさらに楽しみたい
  • 蒸し料理、低温調理、温度調理にもチャレンジしたい
  • 自動メニュー数は多ければ多いほうが良い
  • 自動減圧機能はあったほうが良い
  • より時短で、より美味しい調理がしたい
  • かしこい予約プログラムが必要
  • プロ級の凝った料理も作りたい

人には、おうちシェフPROがおすすめです。

\予約受付中/
▼おうちシェフPRO▼

おうちシェフSP-2DF231がおすすめな人

  • 圧力調理に気軽にチャレンジしたい
  • 定番メニューを増やしたい
  • 忙しくても手料理を作りたい

人には、おうちシェフがおすすめなです。

\予約受付中/
▼おうちシェフ▼

おうちシェフPROMタイプとPタイプが15,800円前後、おうちシェフFタイプが12,800円前後です。
※2021年8月現在

価格差3,000円。

それだったら、私は、おうちシェフPROを買います。

シロカおうちシェフPROとおうちシェフの違いを比較!使い方も紹介まとめ

シロカおうちシェフPROとおうちシェフの違いを比較し、使い方も紹介しました。

シロカは、2021年9月24日に、電気圧力鍋の新商品、おうちシェフPROとおうちシェフを発売します。

予約中です。

  • おうちシェフ PRO MタイプSP-2DM251
  • おうちシェフ PRO PタイプSP-2DP251
  • おうちシェフ FタイプSP-2DF231

です。

おうちシェフ PRO MタイプSP-2DM251とおうちシェフ PRO PタイプSP-2DP251の違いは、カラーの違いのみ。

機能や性能は同じです。

おうちシェフPROとおうちシェフ FタイプSP-2DF231の大きな違いは、【スマートプレッシャー技術】の有無です。

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)には、【スマートプレッシャー技術】があります。
おうちシェフ Fタイプには、【スマートプレッシャー技術】がありません。

おうちシェフPRO (Mタイプ Pタイプ)には、【スマートプレッシャー技術】があるので、自動減圧機能で時短でき、味や栄養も染み込みやすく、さらに美味しく柔らかい調理が可能です。

1台10役と蒸し料理、低温調理、温度調理もできます。
自動メニュー数やレシピブックのメニュー数も多くなっています。

おうちシェフPROとおうちシェフの価格差は3,000円
※2021年8月現在

これだけの機能や性能が搭載されて、15,800円なら、私は、おうちシェフRROを買います。

シロカの家電はデザインもシンプルでおしゃれで間違いありません。

\予約受付中/
▼おうちシェフPRO▼

\予約受付中/
▼おうちシェフ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました