DTY-B2とDTY-21の違いを比較!ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルと2021年モデル

キッチン家電

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21の違いを比較します。

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器は、ふわふわとした食感の台湾風かき氷を楽しめる電動かき氷器で毎年大人気です。

2022年モデルの電動ふわふわとろ雪かき氷器DTY-B2を4月上旬に発売します。

2022年モデルと2021年の違いは3つ

  1. 調節ねじの位置の違い
  2. 付属の製氷カップの違い
  3. レシピブックの違い

です。

詳しくは本文にてお伝えします。

▼2022年モデルDTY-B2▼

▼2021年モデルDTY-21▼

DTY-B2とDTY-21の違いを比較!ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルと2021年モデル

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21の違いを比較します。

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21の違いは3つ

  1. 調節ねじの位置の違い
  2. 付属の製氷カップの違い
  3. レシピブックの違い

です。

ひとつひとつ見ていきましょう。

DTY-B2とDTY-21の調節ねじの位置の違い

2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21は、調節ねじの位置が違います。

▼2022年モデルDTY-B2の調節ねじ▼

▼2021年モデルDTY-21の調節ねじ▼

2022年モデルDTY-B2の刃の調節ダイヤルの位置が本体側面に変更しています。

かき氷の食感を調節する刃の高さを変えやすくなりました。

DTY-B2とDTY-21の付属の製氷カップの違い

2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21は、付属の製氷カップが違います。

▼2022年モデルDTY-B2の製氷カップ▼

2022年モデルDTY-B2の製氷カップは、

  • Mサイズ×2個

が付属しています。

▼2021年モデルDTY-21の製氷カップ▼

2021年モデルDTY-21の製氷カップは、

  • Mサイズ×1個
  • ハーフサイズ×2セット(4個)

が付属しています。

DTY-B2とDTY-21のレシピブックの違い

2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21は、レシピが違います。

▼2022年モデルDTY-B2のレシピブック▼

2022年モデルDTY-B2は、凍らせたプリンで作る「プリンかき氷」をレシピブックに掲載しています。

10種類のかき氷を作れるレシピブックが付いています。

▼2021年モデルDTY-21のレシピ▼

2021年モデルDTY-21は、市販の冷凍フルーツを使用したレシピが付いています。

冷凍フルーツも凍ったまま削れるため、スイーツかき氷や、かき氷のトッピングにできます。

▼2022年モデルDTY-B2▼

▼2021年モデルDTY-21▼

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器はお手入れ簡単

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器のお手入れは簡単です。

パーツは取り外して分解できるので、丸洗い可能です。

▼2022年モデルDTY-B2▼

▼2021年モデルDTY-21▼

DTY-B2とDTY-21のカラー展開

2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21のカラー展開は、どちらも

  1. グリーン
  2. ブラック

の2色です。

▼2022年モデルDTY-B2▼

▼2021年モデルDTY-21▼

DTY-B2とDTY-21どっちがいい?ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21は、どっちがいいのでしょうか?

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器は大人気の商品で、毎年新しいモデルが春頃に発売します。

新モデルは型落ちモデルと比べて、さらに使いやすく進化しています。

安ければ、2021年モデルDTY-21もいいですが、あえて型落ちを選ぶメリットはあまり感じません。

製氷カップのハーフサイズも単品で購入可能です。

▼ハーフサイズ▼

ドウシシャ 製氷カップ かき氷用 ハーフサイズ 2個セット HS-18HF

▼Mサイズ▼

刃の調節ダイヤルの位置が本体側面に変更し、かき氷の食感を調節する刃の高さを変えやすくなっている2022年モデルDTY-B2のほうがおすすめです。

▼2022年モデルDTY-B2▼

▼2021年モデルDTY-21▼

DTY-B2とDTY-21の違いを比較!ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルと2021年モデルまとめ

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器2022年モデルDTY-B2と2021年モデルDTY-21の違いを比較しました。

DTY-B2とDTY-21はの違いは3つ

  1. 調節ねじの位置の違い
  2. 付属の製氷カップの違い
  3. レシピブックの違い

です。

2022年モデルDTY-B2は、調節ねじの位置が本体側面に変更しています。

かき氷の食感を調節する刃の高さを変えやすくなりました。

また、レシピブックには、凍らせたプリンで作る「プリンかき氷」を掲載しています。

付属の製氷カップは、

2022年モデルDTY-B2→Mサイズ×2個

2021年モデルDTY-21→Mサイズ×1個、ハーフサイズ×2セット(4個)

です。

製氷カップは、単品での購入もできます。

毎年大人気のドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器

電動なので、ボタンを押すだけで、ふわふわとした食感の台湾風かき氷を自宅で楽しめます。

冷凍フルーツも削れるので、いろんなアレンジもできます。

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器で暑い日本の夏を乗り切りましょう^^

▼2022年モデルDTY-B2▼

▼2021年モデルDTY-21▼

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました