本ページはプロモーションが含まれています

日傘50cmと55cmはどっちがおすすめ?メリットとデメリットも紹介!

日用雑貨
スポンサーリンク

日傘50cmと55cmはどっちがおすすめなのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

日傘50cmと55cmはどっちを選ぶかは使う場所にもよります。
日傘50cmと55cmは比較すると、直径で10cmほど違ってきます。

しっかりと暑さ対策や日焼け対策をしたい人には55cmがおすすめです。
たくさんの人が集まる場所で使う場合や軽さを求めるひとには50cmがおすすめです。

本文で詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

日傘50cmと55cmのメリットとデメリット

日傘の親骨が50cmか55cmのどちらを選ぶかは、利用シーンや好みによって異なります。

それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

50cmの日傘のデメリット

  • 直径が小さいため、上半身を充分にカバーできないことがある
  • 雨天時に使用する場合は、濡れる可能性が高くなる

50cmの日傘のメリット

  • 携帯性に優れている
  • 軽量で持ち運びが楽
  • 価格が比較的安い

>>>楽天で日傘親骨50cmを探す

55cmの日傘デメリット

  • 重さやかさばり感がある。
  • カバンに入りにくかったり、持ち運びが不便だったりする
  • 人や物に引っかかりやすい。

55cmの日傘メリット

  • 直径が大きいため、しっかりと紫外線や雨から守ることができる。

>>>楽天で日傘親骨55cmを探す

スポンサーリンク

日傘50cmと55cmはどっちがおすすめ?

結局、日傘50cmと55cmはどっちがおすすめなのでしょうか?

日傘50cmがおすすめな人
日傘55cmがおすすめな人をまとめてみました。

日傘50cmがおすすめな人

  • 持ち運びたいので軽量な日傘が欲しい
  • たくさん人が集まる場所で日傘を使いたい

人はコンパクトで軽量な親骨50cmがおすすめです。

日傘55cmがおすすめな人

  • 紫外線や雨からしっかりと守りたい。

人は55cmがおすすめです。

日傘 完全遮光 涼しい 日傘 長傘 遮光率100% 送料無料「優雅刺繍 かわず張り長日傘 55cm」遮光率100% 1級遮光 遮熱 かわず張り 晴雨兼用 刺繍 涼しい UVカット 晴雨兼用 母の日

日傘50cmと55cmはどっちがおすすめ?メリットとデメリットまとめ

日傘50cmと55cmはどっちがおすすめなのか?それぞれのメリットとデメリットを紹介しました。

日傘50cmと55cmはどっちを選ぶかは使う場所にもよります。

日傘50cmと55cmは比較すると、直径で10cmほど違ってきます。

しっかりと暑さ対策や日焼け対策をしたい人には55cmがおすすめです。

たくさんの人が集まる場所で使う場合や軽さを求めるひとには50cmがおすすめです。

上手に使い分けて酷暑を快適に過ごしましょう。

▼軽さやコンパクトを求める人には日傘50cm▼

▼しっかりと暑さや日焼け対策をしたい人には日傘55cm▼

日傘 完全遮光 涼しい 日傘 長傘 遮光率100% 送料無料「優雅刺繍 かわず張り長日傘 55cm」遮光率100% 1級遮光 遮熱 かわず張り 晴雨兼用 刺繍 涼しい UVカット 晴雨兼用 母の日
スポンサーリンク
日用雑貨
スポンサーリンク
akiをフォローする
気になる家電と美味しいお取り寄せ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました