本ページはプロモーションが含まれています

Wpcの日傘とUVO日傘の違いは?遮光率とUVカット率が100%でどっちがおすすめ?

日用雑貨
スポンサーリンク

Wpc.の日傘と、UVOウーボの日傘は何が違うのでしょうか?

私はWpc.の日傘を使っています。

遮光率とUVカット率が100%、UPF50+なので、紫外線対策だけでなく、熱中症予防にも大活躍しています。

もう絶対日焼けしたくない。そんな想いに寄り添うために誕生した最強の日傘UVOウーボも遮光率とUVカット率が100%、UPF50+です。

Wpc.の日傘と、UVOウーボの日傘は同じメーカーさんが作っていて、値段が倍ほど違います。

何が違うのか?モヤモヤするので、問い合わせしました。

UVOの日傘とその他のWpc.日傘の違いは3つ

  • 骨や使用パーツの違い
  • 生地や加工に違い
  • 耐久性の違い

です。

UVOウーボの日傘は特殊構造の生地自体で光率とUVカット率が100%UPF50+を実現しています。

生地が破れたりひどく傷つくことがない限り効果は持続します。

それに対して、Wpc.の日傘は使用環境や使用頻度により違ってきますが、効果は約3年です。

本文で詳しく説明しますね。

Wpc.の日傘とUVOウーボの日傘を
>>Wpc./KiU OFFICIAL SHOP(楽天公式ショップ)<<で見る

スポンサーリンク

Wpcの日傘とUVO日傘の違いは?

UVO日傘とWpc.日傘の違いは3つ

  • 骨や使用パーツの違い
  • 生地や加工に違い
  • 耐久性の違い

です。

UVO日傘とWpc.日傘の特徴をそれぞれお伝えしていきますね。

UVO日傘の特徴

UVO(ラミネート加工含む特殊構造生地)

  • 特殊構造の生地自体で遮光率100%、UVカット率100%を実現している
  • 生地が破れたりひどく傷つくことがない限り効果は持続する
  • 長く使える耐久性シンプルで長く愛用したくなる日傘を目指しデザインにこだわった日傘
UVOの日傘は最強の日傘と言われるだけあって、特殊構造の生地自体で光率とUVカット率が100%、UPF50+を実現しています。

生地が破れたりひどく傷つくことがない限り効果は持続します。

値段は、Wpc.日傘と比べて高いですが、耐久性があるので長く使えます。

 

Wpc.日傘の特徴

Wpc.日傘
遮光日傘/PUコーティング加工日傘(PUコーティング加工生地)

  • 生地自体にも遮光・遮蔽効果はあり
  • 裏面のPUコーティングで、更に紫外線や光を遮蔽する効果を高めている
  • 効果は永久的に持続するものではなく、環境や使用頻度により違うが、おおよそ3年

Wpc.日傘も生地自体にも遮光・遮蔽効果があります。

裏面のPUコーティングで、更に紫外線や光を遮蔽する効果が高くなっています。

ですが、永久的に持続するものではありません。

使用環境や使用頻度により違ってきますが、効果は約3年です。
※生地自体にも遮光・UVカット効果があるので、コーティングが剝がれてしまった場合や、3年以上使用した場合も、効果はゼロにはなりません。

 

実際に私はWpc.日傘を愛用中です。

バンブーの持ち手やデザインも気に入っています。

遮光率とUVカット率が100%、UPF50+なので、紫外線対策だけでなく、熱中症予防にも大活躍しています。

2022年に購入したので、遮光・UVカット効果が続くのは2024年

その後の効果が全くなくなるなけではないけど、そろそろ買い替えを検討する時期なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Wpcの日傘とUVO日傘どっちがおすすめ?

Wpc日傘とUVO日傘の違いを見てきました。

ここからは、Wpc日傘とUVO日傘どっちがおすすめなのか?見ていきましょう。

Wpc日傘がおすすめな人

  • 遮光率とUVカット率が100%、UPF50+の日傘を探している
  • おしゃれなデザインの日傘が欲しい
  • 高機能の日傘が欲しいけど、値段は抑えたい

▼Wpc日傘▼

UVO日傘がおすすめな人

  • 遮光率とUVカット率が100%、UPF50+の日傘を探している
  • おしゃれなデザインの日傘が欲しい
  • お気に入りの日傘をできるだけ長く使用したい
  • とにかく焼きたくないので値段は気にしない

▼UVO日傘▼

Wpc日傘も遮光率とUVカット率が100%、UPF50+なので、紫外線対策だけでなく、熱中症予防にも大活躍します。

ですが、UVO日傘なら特殊構造の生地自体で生地が破れたりひどく傷つくことがない限り効果は持続します。

値段は、高くなりますが、耐久性があり長く使えるのは嬉しいですね。

Wpcの日傘とUVO日傘の違いは?どっちがおすすめ?まとめ

Wpcの日傘とUVO日傘の違いと、どっちがおすすめなのか?をお伝えしました。

UVOの日傘とその他のWpc.日傘の違いは3つ

  • 骨や使用パーツの違い
  • 生地や加工に違い
  • 耐久性の違い

です。

 

Wpcの日傘もUVO日傘も、遮光率とUVカット率が100%、UPF50+なので、紫外線対策だけでなく、熱中症予防にも大活躍しています。

UVOウーボの日傘は、ラミネート加工含む特殊構造生地で、生地が破れたりひどく傷つくことがない限り効果は持続します。

長く使えます。

Wpcの日傘でも可愛く使いやすいデザインで機能性も充分なので満足しています。

ですが、次に買い替える時には私は長く使えるUVOウーボの日傘にします♪

▼Wpc日傘▼

▼UVO日傘▼

スポンサーリンク
日用雑貨
スポンサーリンク
akiをフォローする
気になる家電と美味しいお取り寄せ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました