アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較!

家電

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較します。

アイリスオーヤマは、サーキュレーター衣類乾燥除湿機8L KIJDC-K80を発売しました。

大人気のIJD-I50との違いを比較します。

IJD-I50で1日に5リットルだった除湿能力が、KIJDC-K80では、8リットルに増加しました。

排水タンクの容量も2.5Lから3.5Lにアップしました。
サーキュレーターの風量も増加し、より早く衣類を乾燥できます。

さらに、除湿モードに「おまかせモード」を追加しました。

おまかせモードは、部屋の湿度を自動計測し、55%以上になると除湿運転し、55%以下になると送風運転を行います。

詳しくは本文にて説明します。

8LのKIJDC-K80はこちら↓

5LのIJD-I50はこちら↓

KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較

 

KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較します。

KIJDC-K80とIJD-I50除湿能力やタンク容量の違い

1日の除湿能力はIJD-I50では5リットルでしたが、KIJDC-K80では8リットルに増加しました。

排水タンクの容量も2.5Lから3.5Lにアップしました。

4人家族の洗濯物全てを乾燥させても、満水にならないほどの大容量になりました。
乾燥の途中で排水タンクの水を捨てる手間が省けます。

除湿能力とサーキュレーターの風量アップにより、家族4人分の衣類を72分(IJD-I50より23分短縮)で乾燥できます。

KIJDC-K80とIJD-I50除湿モードの違い

IJD-I50では「弱・中・強」だった除湿モード。

KIJDC-K80では「弱・強・おまかせモード」に変更されました。

おまかせモードとは、部屋の湿度を自動で計測し、湿度が55%以上で除湿運転、55%以下で送風運転に切り替えることで、適切な湿度に保つ機能です。

 

梅雨時では、洗濯物の室内干しでジメジメしてカビの心配をしなくて済みます。
また、冬の部屋干しによる乾燥も気になりません。
部屋の湿度を気にしながらいちいち操作する手間が省けます。

 

KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較しやすいように、スペックを一覧表にしてみました。


KIJDC-K80

IJD-I50
カラー シャンパンゴールド 天面ブラック
天面グレー
電源電圧 AC100V(50/60Hz) AC100V(50/60Hz)
消費電力 720W 天面ブラック590W
天面グレー600W
定格除湿能力 8.0L/日 5.0L/日
除湿可能面積の目安 木造17m²(10畳)
プレハブ25m²(15畳)
鉄筋コンクリート33m²(20畳)
木造10m²(6畳)
プレハブ16m²(10畳)
鉄筋コンクリートm²(13畳)
水タンク容量 約3.5L 約2.5L
使用温度 0~40℃ 0~40℃
コード長さ 約2m 約1.6m
商品寸法(cm) 幅33.4 × 奥行28.5 × 高さ73.9 幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64
商品重量 11.5kg 約7.8kg
発売日 2020年11月6日 2019年5月30日 リニューアル

除湿能力や水タンクの容量が大きくなったので、商品の寸法や重量も大きくなっています。

コードが長くなっているのは、地味にうれしいですね^^

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-K80の特徴

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機は、除湿機にサーキュレーターを搭載した除湿機です。
これ1台で
  1. 衣類乾燥機
  2. 除湿機
  3. サーキュレーター

の3役として、一年中使えます!!

衣類乾燥機として

除湿機とサーキュレーターを一体化し、デシカント式除湿機のヒーターの熱を利用した乾燥風をサーキュレーターで室内に循環させることで効率的に衣類の乾燥ができます。
室内の自然乾燥時と比較して衣類乾燥の時間を大幅に短縮できます。

除湿機とサーキュレーターは、それぞれ単独での運転も可能です。

 

除湿機として

デシカント式って?
吸い込んだ空気に含まれる水分をゼオライト(乾燥材)に吸着させて除去します。

衣類乾燥・押入れ除湿・結露対策にも使えます。

サーキュレーターとして

エアコンと併用することにより、部屋全体の空気を循環させ室内の温度差を軽減できます。
また窓際に置いて換気を促進します。

サーキュレーターの首振りは室内干しのシーンに合わせて50°・70°・90°の3段階で調整出来ます。


図書館よりも静かな静音34dBで夜の部屋干しも可能です。

サーキュレーターの位置が高いので、押入れなどの奥まったところにも風が届きます。

2・4・8時間のタイマー付きで不在の間にも安心して稼働できます。
排水タンクに取っ手が付き、簡単に持ち運びができます。

KIJDC-K80とIJD-I50どっちがおすすめ?

よりパワーアップしたKIJDC-K80

1日の除湿能力は8.0L、排水タンクの容量も約3.5Lにアップし4人家族の洗濯乾燥機としてもおすすめです。

除湿は、「弱・強・おまかせモード」で、部屋の湿度を自動で計測し、湿度が55%以上で除湿運転、55%以下で送風運転に切り替えることで、適切な湿度に保ちます。

ただし、大きさもIJD-I50と比較してひとまわりほど大きくなってしまいます。

なので、おまかせモードも必要ない、大容量よりもよりコンパクトさを重要視する人にはIJD-I50をおすすめします。

 

8LのKIJDC-K80はこちら↓

5LのIJD-I50はこちら↓

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較まとめ

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較しました。

IJD-I50で1日に5リットルだった除湿能力が、KIJDC-K80では、8リットルに増加しました。
排水タンクの容量も約2.5Lから約3.5Lにアップしています。
排水タンクに取っ手を付けて、持ち運びしやすい工夫もしてあります。

そして、サーキュレーターの風量も増加し、より短い時間で衣類を乾燥できます。

さらに、除湿モードに「おまかせモード」を追加しました。
おまかせモードは、部屋の湿度を自動計測し、55%以上になると除湿運転し、55%以下になると送風運転を行います。

部屋の湿度を気にしながらいちいち操作する手間が省け、より快適に過ごせます。

よりパワーアップした8LのKIJDC-K80は、4人家族や、より早く除湿や衣類乾燥したい人にはおすすめです。

ただし、ひとまわりほど大きくなってしまうので、そこまで大容量や、おまかせモードは必要なく、よりコンパクトなのを重要視される場合は、5LのIJD-I50をおすすめします。

KIJDC-K80とIJD-I50送料無料のおすすめ店

アイリスオーヤマの商品を通販するなら、アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】がおすすめです。

アイリスプラザには、【あんしん延長保証サービス】があります。
アイリスプラザで対象商品を購入すると、通常のメーカー保証に+して1年間延長保証されます。

新規会員登録ですぐに使える300円クーポンプレゼントなど、アイリスプラザだけのお得特典満載です^^

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】を見てみる
 

楽天には、アイリスプラザ 楽天市場店があります。

対象商品と同時に【あんしん延長保証サービス0円】を購入すると、通常のメーカー保証に+して1年間延長保証されます。

アイリスプラザ楽天市場店なら、購入する時に楽天ポイントが付いたり、使えるので、楽天ユーザーさんにはおすすめです。

最安値で購入しても、不良品が届いた時や、修理が必要な時の対応次第では、かえって高くつきます。

アイリスオーヤマの公式ショップアイリスプラザなら、もしもの時も安心ですね^^

アイリスプラザ 楽天市場店を見てみる

楽天でお買い物をするなら楽天カードがおすすめ

【楽天カード】はお持ちですか?
年会費永年無料
今なら新規入会で5,000ポイントもらえるキャンペーンをやっています。

5,000ポイント=5,000円です。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん飲食店など街中でも使えます。

また楽天でのお支払いを楽天カードにすると、お買い物ポイントが常に3倍になります^^

持っていて損はないのでもしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成は↓こちらでできます

コメント

  1. […] KIJDC-K80とIJD-I50の違いはこちら →アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較! […]

タイトルとURLをコピーしました