DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較!山善セラミックファンヒーター

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較します。

セラミックファンヒーターは、電源を入れてすぐ温風が出ることから、手軽に使用でき、暖房用品の中でも人気のある商品です。

山善では、様々な商品ラインナップを展開しています。

中でも人感センサー・温度センサー搭載タイプは、ムダなく効率的に部屋を暖められることから、節電にもなり、大好評です。

本体上部に掴める取っ手をつけた商品は、簡単に持ち運べ大好評です。

2022年は、DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121を新発売しました。

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較します。

センサーセラミックファンヒーター▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き

センサーセラミックファンヒーター▼ DHF-S12▼温度センサー付き

大風量セラミックファンヒーター▼DSF-S121▼ 人感センサー付き

DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較!山善セラミックファンヒーター

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較します。

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いは2つ

  1. 搭載センサーの違い
  2. カラーの違い

です。

その他の機能や性能、大きさや重さに違いはありません。

詳しく見ていきましょう。

DSF-VS12のセンサーとカラー山善セラミックファンヒーター

DSF-VS12は

  • 人感センサーと温度センサー付き
  • カラーはホワイト

です。

人感センサーは
人がいる時だけ運転し、いない時は自動停止します。
無駄な運転をしない省エネ機能です。
温度センサーは、
設定された5段階の温度(16/19/22/25/28度)に合わせて運転します。設定された温度以上になれば、自動で運転をOFF
設定された温度以下になれば、自動で運転をON
してくれるので、いつでも快適な温度に保ってくれます。

センサーセラミックファンヒーター▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き

DHF-S12のセンサーとカラー山善セラミックファンヒーター

DHF-S12は、

  • 温度センサー付き
  • カラーはブラック

です。

温度センサーは、
設定された5段階の温度(16/19/22/25/28度)に合わせて運転します。設定された温度以上になれば、自動で運転をOFF
設定された温度以下になれば、自動で運転をON
してくれるので、いつでも快適な温度に保ってくれます。

センサーセラミックファンヒーター▼ DHF-S12▼温度センサー付き

DSF-S121のセンサーとカラー山善セラミックファンヒーター

DSF-S121は、

  • 人感センサー付き
  • カラーはホワイト

です。

人感センサーは
人がいる時だけ運転し、いない時は自動停止します。
無駄な運転をしない省エネ機能です。

大風量セラミックファンヒーター▼DSF-S121▼ 人感センサー付き

 

違いを比較しやすいように一覧表にしました。

商品名センサーセラミックファンヒーター センサーセラミックファンヒーター 大風量セラミックファンヒーター
品番
DSF-VS12

DHF-S12

DSF-S121
搭載センサー人感センサー
温度センサー
温度センサー人感センサー
定格交流100V 50/60Hz 1200W交流100V 50/60Hz 1200W交流100V 50/60Hz 1200W
本体寸法(約)幅260×奥行133×高さ400mm(約)幅260×奥行133×高さ400mm(約)幅260×奥行133×高さ400mm
質量(約)2.8kg(約)2.8kg(約)2.8kg
電源コード長(約)1.8m(約)1.8m(約)1.8m
安全装置転倒オフスイッチ
サーモスタット
温度ヒューズ
転倒オフスイッチ
サーモスタット
温度ヒューズ
転倒オフスイッチ
サーモスタット
温度ヒューズ

センサーセラミックファンヒーター▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き

センサーセラミックファンヒーター▼ DHF-S12▼温度センサー付き

大風量セラミックファンヒーター▼DSF-S121▼ 人感センサー付き

DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の価格を比較!山善セラミックファンヒーター

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の価格を比較してみましょう。

▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き→10,980円(山善 家電店)

▼ DHF-S12▼温度センサー付き→9,980円(山善 家電店)

▼DSF-S121▼ 人感センサー付き→9,980円(山善 家電店)

※2022年10月23日現在

価格は変動します。

最新の価格や最安値の確認はこちらから↓

センサーセラミックファンヒーター▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き

センサーセラミックファンヒーター▼ DHF-S12▼温度センサー付き

大風量セラミックファンヒーター▼DSF-S121▼ 人感センサー付き

DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121どれがおすすめ?山善セラミックファンヒーター

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121のどれがおすすめなのでしょうか?

DSF-VS12がおすすめな人、DHF-S12がおすすめな人、DSF-S121がおすすめな人をまとめました。

DSF-VS12がおすすめな人

  • 人感センサーと温度センサーがあったほうが良い
  • カラーはホワイトが良い

センサーセラミックファンヒーター▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き

DHF-S12がおすすめな人

  • 温度センサーがあったほうが良い
  • カラーはブラックが良い

センサーセラミックファンヒーター▼ DHF-S12▼温度センサー付き

DSF-S121がおすすめな人

  • 人感センサーがあったほうが良い
  • カラーはホワイトが良い

大風量セラミックファンヒーター▼DSF-S121▼ 人感センサー付き

私は、カラーはブラックよりもホワイトが良く、
価格差1,000円なら、人感センサーと温度センサーが付いていたほうが、節電になるので、DSF-VS12にします。

DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較!まとめ

山善セラミックファンヒーターDSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いを比較しました。

DSF-VS12とDHF-S12とDSF-S121の違いは2つ

  1. 搭載センサーの違い
  2. カラーの違い

です。

DSF-VS12

  • 人感センサーと温度センサー付き
  • カラーはホワイト

DHF-S12

  • 温度センサー付き
  • カラーはブラック

DSF-S121

  • 人感センサー付き
  • カラーはホワイト

です。

価格差は1,000円なので、私は、人感センサーと温度センサー付きで節電になるDSF-VS12にします^^

センサーセラミックファンヒーター▼ DSF-VS12▼人感センサーと温度センサー付き

センサーセラミックファンヒーター▼ DHF-S12▼温度センサー付き

大風量セラミックファンヒーター▼DSF-S121▼ 人感センサー付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました