SH-T132とSH-T131の違いを比較!型落ちで充分?シロカまめポカ

季節・空調家電

シロカは、温度調節・人感センサー付き足元ヒーター まめポカSH-T132を2022年9月17日に発売しました。

シロカまめポカは、2021年モデルSH-T131があります。

SH-T132とSH-T131の違いを比較します。

SH-T132とSH-T131の大きな違いはひとつ

  1. 異常検知ブザーの有無

です。

シロカまめポカ2022年モデルSH-T132には、異常な温度上昇を感知してブザーで知らせる異常検知ブザーが追加されています。

シロカまめポカは、温度調節機能と人感センサー付きで、脱衣所やトイレ、キッチンやデスク下の足元ヒーターで、2021年の発売以降大好評です。

我が家も愛用中です^^

細かい違いは、

  • 発売日の違い
  • 価格の違い

もあります。

詳しくは本文にてお伝えします。

▼まめポカSH-T132▼2022年9月発売モデル異常検知ブザー付き

▼まめポカSH-T131▼2021年9月発売モデル異常検知ブザーなし

SH-T132とSH-T131の違いを比較!シロカまめポカ2022年モデルと2021年モデル

シロカは、温度調節・人感センサー付き足元ヒーターまめポカSH-T132とSH-T131の最も大きな違いは、

  1. 異常検知ブザーの有無

です。

SH-T132→異常検知ブザー付き
SH-T131→
異常検知ブザーなし

です。

細かい違いは、

  • 発売日の違い
  • 価格の違い

などあります。

ひとつひとつ見ていきましょう。

SH-T132とSH-T131の異常検知ブザーの有無

シロカまめポカSH-T132とSH-T131は、異常検知ブザーの有無が違います。

SH-T132→異常検知ブザー付き
SH-T131→異常検知ブザーなし

SH-T132とSH-T131の発売日違い

シロカまめポカSH-T132とSH-T131は、発売日が違います。

SH-T132→2022年9月発売
SH-T131→2021年9月発売

SH-T132とSH-T131の価格

シロカまめポカSH-T132とSH-T131は、価格が違います。

SH-T132→6,980円
SH-T131→4,990円
※2022年8月30日現在
 シロカ公式ストア 楽天市場店の送料無料の価格です。

価格は変動しますので、↓で最新の価格や最安値の確認ができますよ^^

▼まめポカSH-T132▼2022年9月発売モデル異常検知ブザー付き

▼まめポカSH-T131▼2021年9月発売モデル異常検知ブザーなし

SH-T132とSH-T131どっちが良い?シロカまめポカ

シロカまめポカSH-T132とSH-T131はどっちが良いのでしょうか?

SH-T132がおすすめな人、SH-T131がおすすめな人をまとめました。

シロカまめポカSH-T132がおすすめな人

  • 家電は最新モデルが良い人
  • 異常検知ブザーはあったほうが良い人
  • 2,000円くらいの価格差なら気にならない人

は2022年最新モデルSH-T132をおすすめします。

▼まめポカSH-T132▼2022年9月発売モデル異常検知ブザー付き

シロカまめポカSH-T131がおすすめな人

  • 異常検知ブザーはなくても良い人
  • シロカまめポカが欲しいけど、価格は安く抑えたい人

には、2021年モデルのSH-T131をおすすめします。

▼まめポカSH-T131▼2021年9月発売モデル異常検知ブザーなし

私は、2021年モデルのまめポカSH-T131をすでに愛用中です。

もしも、まだ持っていなくて、これから購入するなら…
2,000円の価格差なので、異常検知ブザー付きで、より安全性が優れている最新モデルまめポカSH-T132にします。

シロカまめポカSH-T132とSH-T131の特徴

これまでは、SH-T132とSH-T131の違いを比較してきました。

ここからは、シロカまめポカSH-T132とSH-T131の共通の特徴を見ていきましょう。

シロカまめポカはコンパクトサイズ

シロカまめポカSH-T132とSH-T131は、コンパクトサイズです。

サイズ:幅19cm×奥行14cm×高さ27cm
本体質量:1.4kg

まめポカは置き場所を選ばない

シロカまめポカは、コンパクトサイズなので、置き場所を選びません。

  • 脱衣所
  • キッチン
  • トイレ
  • 机の下の足元

など、狭い場所にも置けて、様々なシーンで大活躍します。

まめポカは取っ手付きで持ち運びも楽

シロカまめポカは、本体質量1.4kgと軽量で取っ手付きなので、持ち運びも楽々出来ます。

温度調節機能で快適な温度をキープ

温度調節機能付きで、設定した温度をキープ。

温度は低(約 5℃)から高(約 30℃)の範囲で設定できます。

本体の周囲の温度が設定温度に達すると運転を止め、設定温度より下がると運転を再開するため、快適な温度を保つことができます。

トイレや脱衣所など、寒さを感じやすく、メインの暖房器具ではカバーできない狭い空間をあたためるのに最適です。

人感センサー付きで無駄なくあたため

シロカまめポカは、本体前面の人感センサーで人を感知し、自動で運転・停止を切り替えます。

その場から 3 分以上離れると自動で運転を停止するため、消し忘れの心配がありません。

キッチンやリモートワークのデスク下などで使用の際、一時的にその場を離れる場合に無駄な運転を防ぐため、節電にもなります。

安全性や衛生面もばっちり

大きな振動を感知した際や転倒時には自動で電源が切れる転倒・振動検知機能など、安全面に配慮した設計です。
また、本製品は本体に抗菌処理を施しているため、衛生的で清潔に使えます。
天面は全面がシートで覆われているため拭きやすく、お手入れも簡単です。

▼まめポカSH-T132▼2022年9月発売モデル異常検知ブザー付き

▼まめポカSH-T131▼2021年9月発売モデル異常検知ブザーなし

SH-T132とSH-T131の違いを比較!型落ちで充分?シロカまめポカまとめ

シロカまめポカSH-T132とSH-T131の違いを比較しました。

SH-T132とSH-T131の違い3つ

  1. 異常検知ブザーも有無
  2. 発売年の違い
  3. 価格の違い

です。

最も大きな違いは、2022年発売モデルSH-T132には、異常な温度上昇を感知してブザーで知らせる異常検知ブザーが追加されています。

2021年発売モデルSH-T131には、異常検知ブザーがありません。

価格は、

2022年モデルSH-T132→6,980円
2021年モデルSH-T131→4,990円
※2022年8月30日現在 シロカ公式ストア 楽天市場店の送料無料の価格です。

我が家は、2021年モデルSH-T131を購入して愛用中です。

もしも、まだ持っていなくてこれから買うとしたら、異常検知ブザーが付いた2022年モデルSH-T132を購入します♪

2,000円でより安全性がアップしたほうが安心感があります。

シロカまめポカは、

  • コンパクトサイズで場所を選ばない
  • 取っ手付きで持ち運びも簡単
  • 温度調整機能付きで快適な温度をキープ
  • 人感センサー付きで無駄なく温め
  • 転倒・振動感知機能付き
  • 抗菌加工でお手入れも簡単

と「え?本当にこれだけの性能と機能が付いているのに、このお値段で良いんですか?」と思うほどの商品です。

我が家では、まめポカのお陰で、冬にトイレに行く憂鬱な気分がなくなりました^^

シロカさんの家電は、デザインもシンプルでおしゃれなのも嬉しいです^^

▼まめポカSH-T132▼2022年9月発売モデル異常検知ブザー付き

▼まめポカSH-T131▼2021年9月発売モデル異常検知ブザーなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました