ここひえ2022モデルR4と旧モデルR3の違いを比較!リニューアルで何が変わった?

ここひえ2022年モデルR4と2021年モデルR3の違いを比較します。
リニューアルで何が変わったのでしょうか?

ショップジャパンの卓上型の冷風扇ここひえ

2019年に初代モデルが登場し、

2022年モデルで4代目になります。

持ち運びができるコンパクトな冷風扇で、自分の周囲だけを冷やせるという仕様と、いろんなシーンで使えることで大ヒット。

毎年少しずつリニューアルしながら進化し、シリーズ累計販売台数130万台を突破しました。

2021年モデルまでは、基本デザインはそのままで、首振りに対応するなど細かい部分の進化でしたが、2022年モデルではついに本体デザインが変更され、内部構造も新しくなりました。

ここひえ2022年モデルR4は2021年モデルR3と比較して、

  • より涼しく
  • より静かに
  • よりお得に
  • より便利に
  • より長く

進化しています。

詳しくは、本文にてお伝えします。

▼ここひえ2022モデルR4▼

▼ここひえ2021モデルR3▼

ここひえR4とR3の違いを比較!リニューアルで何が変わった?

ここひえR4とR3の違いを比較します。

リニューアルで何が変わったのでしょうか?

ここひえR4とR3の違いは5つ

  • 風速が約2倍になって、より涼しく
  • 静音性は約40%向上し39.1dB(風速1)で、より静かに
  • 電気代はさらに安く
  • 首振り角度を選択可能になって、より便利に
  • 連続冷却時間はより長く

なっています。

詳しく見ていきましょう。

ここひえR4とR3の涼しさの違い

ここひえ2022年モデルR4では、特許出願済みの冷却構造により、風速が2021年モデルR3の比べて、約2倍のここひえ史上最高の涼しさになっています。

ここひえR4の音は?うるさい?

ここひえR4の音はうるさいのでしょうか?

静音性はここひえR3と比較して、約40%向上した39.1dB(風速1)です。

図書館レベルの静けさで、就寝時にも使いやすくなっています。

ここひえR4とR3の電気代の違い

ここひえR4の電気代→0.11円/1時間

ここひえR3の電気代→0.16円/1時間

電気代は一晩中つけたままでも約1円です。

ここひえR4とR3の首振り角度の違い

ここひえR3では1段階(70°)しかなかった首振り機能は、ここひえR4では標準(約30°)と広い(約70°)の2段階で調整可能になりました。

ここひえR4とR3の連続冷却時間の違い

水タンクの容量はここひえR4もR3も約600mlと同じですが、

1回の給水での連続冷却時間は、

ここひえR4は最大11時間です。

ここひえR3の9時間よりも長くなりました。

ここひえR4の特徴

4段階で調節できる風量設定や、1/2/4時間のオフタイマーも付いています。

フィルターは防カビ抗菌仕様で、側面にはホコリ取りフィルターも付いていて、衛生面もバッチリです。

フィルターは取り外して水洗いもできます。

防カビ抗菌フィルターは1シーズンでの交換がおすすめです。

▼ここひえR4のフィルター▼

本体サイズは約190×175×201mm(幅×奥行き×高さ)

重量は約1.5kg

USBケーブル長は約1.5m

給水タンク容量は約600ml

USB電源アダプターが付属します。

就寝時もちろん、

テレワークにも、

モバイルバッテリーでも稼働するので、コンセントのない場所や屋外、キャンプなどのアウトドアまで、幅広い場所で大活躍です。

▼ここひえ2022モデルR4▼

▼ここひえ2021モデルR3▼

ここひえ2022モデルR4と旧モデルR3の違いを比較!リニューアルで何が変わった?まとめ

ここひえ2022モデルR4と旧モデルR3の違いを比較しました。

今回のリニューアルで、

  • 風速が約2倍になって、より涼しく
  • 静音性は約40%向上し39.1dB(風速1)で、より静かに
  • 電気代はさらに安く
  • 首振り角度を選択可能になって、より便利に
  • 連続冷却時間はより長く

なっています。

ここひえ2022年モデルR4は2021年モデルR3と比較して、

  • より涼しく
  • より静かに
  • よりお得に
  • より便利に
  • より長く

進化しています。

ここひえは2019年の初代モデルが発売されてから、毎年リニューアルして進化して発売され続けています。

買うなら、2022年モデルR4がおすすめです。

電気代も上がり続けています。

リモートワークなど、1人で自宅にいる時は、なるべくクーラーは使いたくありません。

かといって、日本の夏は暑すぎます。

節電していても、熱中症対策は必須です。

クーラーを一晩中つけっぱなしでは、体調不良にもなりやすいです。

ここひえがあると何かと便利で安心感があります。

USB電源アダプターが付属し、モバイルバッテリーでも稼働するのでアウトドアにもいいですね(^^)

▼ここひえ2022モデルR4▼

▼ここひえ2021モデルR3▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました