IJD-I50とIJDC-K80の違いを比較!アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥機

家電

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥機IJD-I50とIJDC-K80の違いを比較します。

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥機。

除湿機の上にサーキュレーターがついたアイリスオーヤマならではのなるほど家電です。

  1. 除湿機とサーキュレーターの併用で衣類乾燥機として
  2. 除湿機として
  3. サーキュレーターとして

これ1台で3役をこなす優れもので、発売以来大人気です。

 

IJD-I50とIJDC-K80は、細かな違いはいくつかありますが、大きな違いは、除湿能力と除湿可能面積の目安の違いです。

IJD-I50

定格除湿能力→5.0L/日

除湿可能面積→木造:10平方メートル(6畳)
プレハブ:16平方メートル(10畳)
鉄筋コンクリート:21平方メートル(13畳)

IJDC-K80

定格除湿能力→8.0L/日

除湿可能面積→木造:17m2(10畳)
プレハブ:25m2(15畳)
鉄筋コンクリート:33m2(20畳)

細かな違いや、IJD-I50がおすすめな人、IJDC-K80がおすすめな人は本文にてお伝えします。

細かな違いまで知りたい人や、IJD-I50とIJDC-K80のどっちがいいのか悩んでいる人はぜひ本文も読んでくださいね^^

 

▼IJD-I50▼

▼IJDC-K80▼

 

IJD-I50とIJDC-K80の違いを比較

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥機IJD-I50とIJDC-K80違いは8つあります。

  1. 定格除湿能力の違い
  2. 除湿可能面積の目安の違い
  3. 消費電力の違い
  4. 排水タンク容量の違い
  5. 湿度ランプの有無
  6. 商品サイズと本体重量の違い
  7. カラー展開の違い
  8. コード長さ

です。

詳しくみていきましょう。

▼IJD-I50▼

▼IJDC-K80▼

IJD-I50とIJDC-K80除湿能力の違い

IJD-I50のスピード乾燥機能はそのままに、IJDC-K80では除湿能力が、5.0L/日から8.0L/日にパワーアップしました。

より早く、多くの洗濯物を乾かせるようになりました。

IJD-I50とIJDC-K80除湿可能面積の目安の違い

除湿可能面積の目安もパワーアップしています。

IJD-I50→IJDC-K80

木造:10m2(6畳)→17m2(10畳)
プレハブ:16m2(10畳)→25m2(15畳)
鉄筋コンクリート:21m2(13畳)→33m2(20畳)

IJD-I50とIJDC-K80消費電力の違い

定格除湿能力と除湿可能面積がパワーアップしているので、消費電力もアップしています。

IJD-I50では590Wでしたが、IJDC-K80では720Wになっています。

IJD-I50とIJDC-K80排水タンクの違い

IJD-I50で2.5Lだった排水タンクは、IJDC-K80では3.5Lにアップしました。

4人家族の洗濯物全てを乾燥させても、満水にならないほどの大容量になっています。

タンクが満水になると運転を停止し、ランプが点灯してお知らせします。

外出中にセットして行ったのに、タンクが満水になって運転が停止し、洗濯物が乾いてなかった…ということが減りそうですね♪

湿度ランプの有無

IJDC-K80のみ、湿度ランプがついています。


センサーで湿度を測定し、部屋の湿度の目安をランプの色で知られてくれます。

IJD-I50とIJDC-K80商品サイズと本体重量の違い

IJD-I50の商品サイズと本体重量は、

●商品サイズ(cm)
幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64
●本体重量
約7.8kg

IJDC-K80の商品サイズと本体重量は、

●商品サイズ(cm)
幅約33.4×奥行約28.5×高さ約73.9
〇本体重量
約11.5kg

IJD-I50とIJDC-K80と比較すると、IJDC-K80がひとまわりほど大きく、重くなっています。

IJD-I50とIJDC-K80カラー展開の違い

IJD-I50のは2色展開です。

ボディーカラーはホワイトですが、天面カラーが

  1. ブラック
  2. グレー

の2色あります。

 

IJDC-K80はホワイトの1色のみです。

 

IJD-I50とIJDC-K80コード長さの違い

IJD-I50で約1.6mだったコードは、IJDC-K80では2mになっています。

コードが長くなったのもうれしいですね^^

アイリスオーヤマサーキュレーター衣類乾燥機IJD-I50とIJDC-K80の違いを比較しやすいように、一覧表にしてみました。


IJD-I50

IJDC-K80
商品サイズ(cm) 幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64 幅約33.4×奥行約28.5×高さ約73.9
本体重量 約7.8kg 約11.5kg
消費電力 590W 720W
定格除湿能力 5.0L/日 8.0L/日
除湿可能面積の目安 木造:10平方メートル(6畳)
プレハブ:16平方メートル(10畳)
鉄筋コンクリート:21平方メートル(13畳)
木造:17m2(10畳)
プレハブ:25m2(15畳)
鉄筋コンクリート:33m2(20畳)
タンク容量 約2.5L 約3.5L
コード長さ 約1.6m 約2m
首ふりモード 50°・70°・90° 90°・70°・50°
強さ選択(サーキュレーター・除湿) 弱・中・強 強・中・弱
切タイマー 2・4・8時間 2・4・8時間

▼IJD-I50▼

▼IJDC-K80▼

IJD-I50とIJDC-K80のどっちがおすすめ?

IJD-I50がおすすめな人、IJDC-K80がおすすめな人をまとめてみました。

IJD-I50がおすすめな人

  • コンパクトサイズがいい人
  • 軽いほうがいい人
  • 天面カラーがブラックかグレーかいい人

にはIJD-I50がおすすめです。

▼IJD-I50▼

IJDC-K80がおすすめな人

  • 4人家族で使う衣類乾燥機を探している人
  • より短時間で除湿や衣類を乾燥したい人
  • サイズは大きくてもいいから、除湿可能面積や除湿可能能力は大きいほうかいい人
  • 部屋の湿度の目安を湿度ランプの色で知りたい人

にはIJDC-K80がおすすめです。

▼IJDC-K80▼

 

IJD-I50とIJDC-K80の違いを比較!アイリスオーヤマサーキュレーターまとめ

アイリスオーヤマサーキュレーターIJD-I50とIJDC-K80の違いを比較しました。

IJD-I50とIJDC-K80は、細かな違いはいくつかありますが、大きな違いは、除湿能力と除湿可能面積の目安の違いです。

IJD-I50では5.0L/日だった除湿能力が、IJDC-K80では8.0L/日にパワーアップしました。

より早く、多くの洗濯物を乾かせるようになりました。

除湿可能面積の目安もパワーアップしています。

IJD-I50→IJDC-K80

木造:10m2(6畳)→17m2(10畳)
プレハブ:16m2(10畳)→25m2(15畳)
鉄筋コンクリート:21m2(13畳)→33m2(20畳)

それに伴い、大きさはひとまわりほど大きくなり、重量も重くなっています。

とは言っても、他のメーカーさんに比べたらIJDC-K80もコンパクトサイズなのではないでしょうか?

よりコンパクトサイズがいい人はIJD-I50がおすすめです。

我が家は4人家族。

しかも、息子たちは野球をやって洗濯物も多いので、IJDC-K80にします。

▼IJD-I50▼

▼IJDC-K80▼

IJD-I50とIJDC-K80送料無料のおすすめ店

アイリスオーヤマの商品を通販するなら、アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】がおすすめです。

アイリスプラザには、【あんしん延長保証サービス】があります。
アイリスプラザで対象商品を購入すると、通常のメーカー保証に+して1年間延長保証されます。

新規会員登録ですぐに使える300円クーポンプレゼントなど、アイリスプラザだけのお得特典満載です^^

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】を見てみる
 

楽天には、アイリスプラザ 楽天市場店があります。

対象商品と同時に【あんしん延長保証サービス0円】を購入すると、通常のメーカー保証に+して1年間延長保証されます。

アイリスプラザ楽天市場店なら、購入する時に楽天ポイントが付いたり、使えるので、楽天ユーザーさんにはおすすめです。

最安値で購入しても、不良品が届いた時や、修理が必要な時の対応次第では、かえって高くつきます。

アイリスオーヤマの公式ショップアイリスプラザなら、もしもの時も安心ですね^^

アイリスプラザ 楽天市場店を見てみる

楽天でお買い物をするなら楽天カードがおすすめ

【楽天カード】はお持ちですか?
年会費永年無料
今なら新規入会で5,000ポイントもらえるキャンペーンをやっています。

5,000ポイント=5,000円です。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん飲食店など街中でも使えます。

また楽天でのお支払いを楽天カードにすると、お買い物ポイントが常に3倍になります^^

持っていて損はないのでもしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成は↓こちらでできます

コメント

タイトルとURLをコピーしました