アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較

家電

アイリスオーヤマは、両面ホットプレートDPOL-301を3月17日に発売しました。

2015年12月に発売した両面ホットプレートDPO-133とDPOL-301の違いを比較します。
違いは4つ

  1. 付属品(蓋の有無)
  2. 価格の違い
  3. カラー展開の違い
  4. サイズと重量の違い

です。

 

2015年12月の発売以来、好評のアイリスオーヤマ両面ホットプレートDPO-133

左右のプレートで2つの料理を同時に調理でき、折りたたんでコンパクトになるので、狭いスペースにも収納できます。

また、3種類のプレートを付属しているので、取り替えて使用することでいろいろな料理を楽しめます。

その一方で、一部の利用者さんから「別売りでもいいから蓋が欲しい」もいう口コミもありました。

今回発売するDPOL-301は新たにふたを付属することで、餃子やパエリアのような蒸し料理や煮込みハンバーグのような煮込み料理にも対応できます。

カラー展開は、一新した3色になってます。

本文にてより詳しくDPOL-301とDPO-133の違いを比較します。

さらに、使いやすく、おしゃれになったアイリスオーヤマ両面ホットプレート。
お家ご飯が楽しめます♪

3月17日に新発売のDPOL-301はこちら↓

DPOL-301の口コミ評判や評判はこちらにまとめました↓

2015年12月下旬に発売したDPO-133はこちら↓

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較します。

違いは4つ

  1. 付属品(蓋の有無)
  2. 価格の違い
  3. カラー展開の違い
  4. サイズと重量の違い

です。

その他の機能に違いはありません。

付属品の蓋が増えている分、

収納時の幅が、約15.5cm→約15.9cm、
重量が、約4.7kg→約5.4kg、

DPOL-301よりもDPOL-301が若干大きく、重くなっています。
本当に、若干増えただけなので、私は全く気になりません。

付属品の蓋が増えている分、価格がDPOL-301よりもDPOL-301が高くなっています。
仕方ないですが、これは気になりますf^^;

DPOL-301とDPO-133の付属品(蓋)の違い

2015年12月下旬に発売した両面ホットプレートDPO-133の利用者さんの要望を受けて、2021年3月新発売のDPOL-301には、フタが新たに付属しています。

そして、シリコン製の取っ手が畳めるので、コンパクトに収納出来ます♪

餃子やパエリア、煮込みハンバーグなどのメニューもホットプレートで楽しめますね^^

DPOL-301もDPO-133も3種類のプレートが付属しています。

  1. お好み焼きなどに適した「平面プレート」
  2. くぼみに余分な油が落ちる「ディンプルプレート」
  3. 「たこ焼きプレート」

 

料理に合わせてプレートを取り替えて使用できます。

 

DPOL-301とDPO-133のカラー展開の違い

 

2015年12月の発売のDPO-133のカラー展開は

  1. メタリックローズ
  2. オレンジ
  3. アイボリー

の3色展開です。

メタリックローズの取り扱い店舗が今はほとんどありませんでした。

アイリスオーヤマ公式通販アイリスプラザでもオレンジとアイボリー2色展開でした。

 

 

 

2021年3月新発売のDPOL-301のカラー展開は、

  1. ブラック
  2. ブラウン
  3. レッド

の3色展開です。

さらに、おしゃれになってますね^^

DPOL-301とDPO-133の価格や最安値は?

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の価格(最安値)を調べました。

DPOL-301
(2021年発売)
DPO-133
(2015年発売)
楽天市場 14,080円 7,977円
Amazon 6,530円
yahooショッピング 14,080円 6,967円
アイリスプラザ 14,080円 9,878円

※2021年3月24日現在

蓋が付属してより便利になった♪
…けど、価格差が…大きすぎませんか?

これは、どっちにするか?悩みますね。
この後、DPOL-301がおすすめな人、DPO-133がおすすめな人をまとめますね。

価格は変動します。
今の価格や最安値の確認はこちらから↓

3月17日に新発売のDPOL-301はこちら↓

 

2015年12月下旬に発売したDPO-133はこちら↓

違いを比較しやすいように、一覧表にしてみました。


DPOL-301

DPO-133
発売日 2021年3月 2015年12月
商品サイズ(cm) 使用時:幅約65×奥行約33.6×高さ約9 使用時:幅約65×奥行き約33.6×高さ約9
折り畳み時:幅約15.9×奥行約33.6×高さ約34.3 収納時:幅約15.5×奥行き約33.6×高さ約34.3
プレート:幅約21×奥行き約24×高さ約2
製品重量 約5.4kg 4.7kg
電源 AC100V AC100V
消費電力 1300W 1300W
温度調整 切、保温、約140~約250℃ 保温、約140度~約250度
付属品 ふた
平面プレート
ディンプルプレート
たこ焼きプレート
平面プレート
ディンプルプレート
たこ焼きプレート

3月17日に新発売のDPOL-301はこちら↓

 

2015年12月下旬に発売したDPO-133はこちら↓

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133どっちがいい?

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301がおすすめな人、DPO-133がおすすめな人をまとめました。

DPOL-301がおすすめな人

  • ふたがあったほうがいい人
  • 最新の型がいい人
  • ブラウン、ブラック、レッドのカラーがいい人

は DPOL-301をおすすめします。

3月17日に新発売のDPOL-301の口コミ評判や評判はこちらにまとめました↓

DPO-133がおすすめな人

  • ふたがなくてもいい人
  • 安いほうが良い人
  • オレンジ、アイボリーがいい人

はDPO-133をおすすめします。

私は、ふたは欲しいけど安いほうがいいです。

価格差が大きいので悩みますが、他で蓋だけ探しても、このサイズの蓋はなかなかなさそうですよね。

で、蓋なしで安いDPO-133を買っても、後々後悔しそうなので、DPOL-301を買います!!

そして、せっかく買ったのなら、たくさん使います!!

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の特徴

いままでは、アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較しました。

ここからは、共通の特徴を見ていきましょう。

2つのプレートで適切な火力で同時に調理

 

2つのプレートを搭載し、それぞれ温度調整が可能なので、2つの料理を同時に作れます。

 

温度調節可能

 

温度設定は約80℃(保温)/約140~250℃に調節できます。

 

焼肉する時に、焼けたお肉→保温プレートに置けば、焦げを気にすることなく、自分のペースで美味しいお肉を食べれますね^^

3種類のプレート付き♪楽しみ方は無限大

 

プレートは3種類。

  1. お好み焼きなどに適した「平面プレート」
  2. くぼみに余分な油が落ちる「ディンプルプレート」
  3. 「たこ焼きプレート」

料理に合わせてプレートを取り替えて使用できます。

 

 

 

DPOL-301とDPO-133のお手入れ簡単♪

プレートが取り外せます。

しかも、調理面が2つに分かれているので、プレート1枚のサイズがコンパクト。

狭い流し台でも洗浄しやすい。

これ、いいですね~

ホットプレートってプレート1枚のサイズが大きいので、洗うのが本当に大変…><

折りたたんでコンパクトに収納


アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133は、折りたためます。
収納時の幅は約16cmとコンパクトで、付属品もすべて本体内に収納できる。

おしゃれなデザインなので、キッチンのすき間に置いておいてもいいですね。

3月17日に新発売のDPOL-301はこちら↓

 

2015年12月下旬に発売したDPO-133はこちら↓

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133送料無料のおすすめ店

アイリスオーヤマの商品を通販するなら、アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】がおすすめです。

アイリスプラザには、【あんしん延長保証サービス】があります。
アイリスプラザで対象商品を購入すると、通常のメーカー保証に+して1年間延長保証されます。

新規会員登録ですぐに使える300円クーポンプレゼントなど、アイリスプラザだけのお得特典満載です^^

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】を見てみる
 

楽天には、アイリスプラザ 楽天市場店があります。

対象商品と同時に【あんしん延長保証サービス0円】を購入すると、通常のメーカー保証に+して1年間延長保証されます。

アイリスプラザ楽天市場店なら、購入する時に楽天ポイントが付いたり、使えるので、楽天ユーザーさんにはおすすめです。

最安値で購入しても、不良品が届いた時や、修理が必要な時の対応次第では、かえって高くつきます。

アイリスオーヤマの公式ショップアイリスプラザなら、もしもの時も安心ですね^^

アイリスプラザ 楽天市場店を見てみる

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較まとめ

 

アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較しました。

 

両面ホットプレートDPO-133は、2015年12月下旬の発売以降テレビ番組にも取り上げられるほど好評です。

 

2つのプレートで、それぞれ温度調整が可能で、2つの料理を同時に作れる。
3種類のプレートが付属しているので、いろんな料理が楽しめる。
1枚のプレートが小さいので、洗いやすい。
さらには、折りたたんでコンパクトに収納出来る。

 

ホットプレートの大変をとことん排除したアイデア商品ですよね。

 

ホットプレートって大きいので、収納や洗うのが大変です。
せっかく買ったのに、結局フライパンでいいか、とあまり使わなかったりします。
(我が家の場合)

 

アイリスオーヤマ両面ホットプレートなら、使う回数が増えそうですね。

 

ただし、1枚のプレートが約21cm×約24cmなので、1度にたくさんの量を求める人にはおすすめしません。

 

2021年3月新発売のDPOL-301には、利用者さんの要望を受けて、フタが新たに付属しています。

さすが、アイリスオーヤマ。
お客さんの声を大切に商品開発し続けていますね。

 

予算内なら、2021年3月新発売のDPOL-301をおすすめします。

今の価格と最安値は↓こちらから確認出来ますよ^^

3月17日に新発売のDPOL-301はこちら↓

 

2015年12月下旬に発売したDPO-133はこちら↓

コメント

  1. […] DPOL-301の違いはこちらにまとめました →アイリスオーヤマ両面ホットプレートDPOL-301とDPO-133の違いを比較 […]

タイトルとURLをコピーしました