バルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いを比較!

キッチン家電

バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いを比較します。

2016年に発売してから、大人気の電気ケトルBALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)K02A

2022年1月14日にリニューアルしたBALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)K07Aが販売開始されました。

ぱっと見だけては、違いがよく分からないBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いを比較します。

違いは2つ

  • BALMUDA The Toasterと合わせたBALMUDA の文字の配⾊にし、さらにおしゃれに
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートを追加し、使いやすく

なっています。

サイズや形状に違いはありません。

詳しくは本文にてお伝えします。

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07A▼

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2016年発売モデルK02A▼

バルミューダ電気ケトルK07AとK02Aの違いを比較!リニューアルで何が変わった?

バルミューダ電気ケトル2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いを比較します。

リニューアルしたバリュミューダ電気ケトル

ぱっと見だけては、違いがよく分からないバルミューダ電気ケトルK07AとK02Aは何が変わったのでしょうか?

引用元:楽天市場

バルミューダ電気ケトル2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いは、

  • BALMUDA The Toasterと合わせた印字カラー配⾊にし、さらにおしゃれに
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートを追加し、使いやすく

なっています。

サイズや形状に違いはありません。

BALMUDA の文字の印字カラーの違い

BALMUDA The Toasterと合わせた、BALMUDA の文字の配⾊とし、キッチンで並べたときの統一感が⽣まれ、さらにおしゃれになりました。

▼K07Aのカラー▼

  • ホワイト K07A-WH
  • ブラック K07A-BK

の2色です。

BALMUDAの文字の配⾊が、BALMUDA The Toasterと同じです。

▼K02Aのカラー▼

  • ホワイト K02A-WH
  • ブラック K07A-BK

の2色です。

内部の最⼤⽔量を把握するプレートを追加

▼K07Aの内部プレート▼

引用元:楽天市場

2022年発売のBALMUDA The PotK07Aには、内部の最⼤⽔量を把握するプレートを追加しました。

2016年発売モデルK02Aの本体内部にも、最大水量が分かるようになっていましたが、

「見にくい」

という口コミレビューもありました。

最⼤⽔量を把握するプレートがあることで、最大水量が分かりやすく、使いやすくなりました。

バルミューダの電気ケトルは、ちょうどいいコンパクトサイズとおしゃれなデザインで大人気です。

毎⽇使う道具だからこそ、さらに、⼿軽に使いやすく、使うたびにハッピーな気分になれます♪

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07A▼

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2016年発売モデルK02A▼

 

バルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aどっちがおすすめ?

バルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いは2つ

  • BALMUDA The Toasterと合わせた配⾊にし、さらにおしゃれに
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートを追加し、使いやすく

なっています。

2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aどちらがいいのでしょうか?

2022年発売モデルK07Aがおすすめな人

  • 家電は最新式が欲しい人
  • BALMUDA The Toasterと合わせた配⾊で、キッチンで並べたときの統一感が欲しい人
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートがあったほうかいい人

はバルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aがおすすめです。

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07A▼

2016年発売モデルK02Aがおすすめな人

  • バルミューダ電気ケトルが欲しいけど、少しでも安く買いたい人
  • 配⾊で、キッチンの統一感とかは気にしない人
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートがなくても大丈夫な人

は、バルミューダ電気ケトル2016年発売モデルK02Aがおすすめです。

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2016年発売モデルK02A▼

バルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いを比較まとめ

バルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの違いを比較しました。

違いは2つ

  • BALMUDA The Toasterと合わせた文字の配⾊にし、さらにおしゃれに
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートを追加し、使いやすく

なっています。

サイズや形状に違いはありません。

2016年に発売してから、大人気の電気ケトルBALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)

  • バルミューダ電気ケトルが欲しいけど、少しでも安く買いたい人
  • 配⾊で、キッチンの統一感とかは気にしない人
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートがなくても大丈夫な人

は、バルミューダ電気ケトル2016年発売モデルK02Aがおすすめです。

  • 家電は最新式が欲しい人
  • BALMUDA The Toasterと合わせた文字配⾊で、キッチンで並べたときの統一感が欲しい人
  • 内部の最⼤⽔量を把握するプレートがあったほうかいい人

はバルミューダ電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07Aがおすすめです。

2022年発売モデルK07Aと2016年発売モデルK02Aの価格差は、約1,000円
※2022年1月24日現在
です。

私なら、2022年発売モデルのK07Aを購入します。

価格は、変動します。
最新の価格の確認はこちらからどうぞ↓

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2022年発売モデルK07A▼

▼バルミューダの電気ケトルBALMUDA The Pot2016年発売モデルK02A▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました